完全遮光日傘で美白を守る正しい使い方【遮光率100%と一級遮光日傘の違いとは】

完全遮光日傘は太陽光を完全に防げない!遮光率100%と99.99%を徹底比較 日傘
完全遮光日傘は太陽光を完全に防げない!遮光率100%と99.99%を徹底比較

日傘を使用する目的は、紫外線からあなたの『美白』を守ることです。
そのため、日傘には、高い紫外線カット効果が求められます。

そんな中、完全遮光日傘というカテゴリーが生まれました。
その名の通り、完全に太陽光を遮る日傘という意味です。

たぶん、あなたは完全遮光日傘を使えば、紫外線を完全にカットできると思っているのではないでしょうか?

これが本当ならすごくうれしいのですが、残念ながら違います。
完全遮光日傘を使っても、紫外線を完全にカットできる訳ではありません。

むしろ、その過信が肌に刺激を与えて、あなたの美白を奪うことになっているかもしれません。

完全遮光日傘は、その特性を理解して、正しい使い方をすることで、あなたの美白をしっかりと守ることができます。

日傘の紫外線カット効果を示す指標に、『完全遮光』『遮光率100%』という表示名は存在しない

日傘の紫外線カット効果を示す指標に、『完全遮光』『遮光率100%』という表示名は存在しない

日傘の紫外線カット効果を示す指標に、『完全遮光』『遮光率100%』という表示名は存在しない

日傘の見た目では「紫外線カット効果がどれぐらいあるのか?」が判断できません。
そのため、紫外線カット効果を使用者にわかりやすく伝える指標があります。
その指標とは、『遮光傘』や『一級遮光生地』といった名称です。
1963年3月に全国の洋傘製造業者有志により、洋傘の品質向上、安全性、ファッション性、機能性の向上を目的に設立された日本洋傘振興協議会(JUPA)がこのように設定しています。

日本工業規格(JIS規格)試験に基づき、遮光率が99%以上の生地を使用した日傘を『遮光傘』。
そして、遮光率が99.99%以上の生地を使用した日傘を『一級遮光生地』と呼びます。

日本洋傘振興協議会(JUPA)が、こういった一律の呼び方および基準を設定しているのは、洋傘業界全体および使用者である消費者を保護するためです。

このような一律の規定を作らなければ、洋傘販売者が好き勝手な言葉を作ります。
その結果、使用者が混乱してしまい不利益を受けてしまいます。

このように日傘の遮光率の基準を定めることは、消費者保護の観点から見ても非常に大切なことです。

一方、『完全遮光』や『遮光率100%』という言葉には、何の基準も取り決めもありません。
一部の傘メーカーが、自分たちだけで作り出した言葉です。

完全遮光や遮光率100%の基準がないのも困りものですが、それが日傘自体の遮光率なのか?日傘に使用されている生地の遮光率なのか?も説明されていないことが多いです。

これは非常に問題です。
日傘を作る際、生地を裁断・縫製して作ります。
日傘の形状や使用方法等により、その遮光率は個別に違います。

そのため、日傘に使う生地の効果がそのまま日傘の効果にならない場合があります。
例えば、生地に刺しゅうなど特殊な形にするために断裁箇所が多いと、紫外線カット効果は弱くなります。

紫外線カット効果が弱いのに、『完全遮光』『遮光率100%』の生地を使っているからといって、『完全遮光日傘』『遮光率100%日傘』と宣伝するのは、消費者をだましていることになります。

また、『完全遮光』『遮光率100%』と宣伝している日傘メーカーが、その根拠を示すことができなければ、景品表示法上、問題になる可能性もあります。

『完全遮光』『遮光率100%』と遮光率99.99%を徹底比較

『完全遮光』『遮光率100%』
うまく考えられた言葉です。

日本洋傘振興協議会(JUPA)が定めた基準よりも紫外線を防止する効果があるように感じる響きです。
完全遮光日傘の説明文を読むと、「遮光率99.99%よりも遮光率100%の方が格段に日傘として優れている」ような印象を受けます。

さて、これがタダの印象なのか?
もしくは、真実なのか?

実際に遮光率99.99%の日傘と完全遮光の日傘を比較してみました。
ちなみに、遮光率99.99%の日傘は、当社で開発したものです。

遮光率99.99%以上の傘の表側に手を当てて、透けるかどうかを実験。全く透けませんでした。

遮光率99.99%以上の傘の表側に手を当てて、透けるかどうかを実験。全く透けませんでした。

その結果、目視ではまったく分かりませんでした。

そこで、次は、計器を使って遮光率99.99%の日傘で紫外線カット率を図ってみました。

遮光率99.99%以上の日傘を使ったときの顔付近の紫外線量を計測。

遮光率99.99%以上の日傘を使ったときの顔付近の紫外線量を計測。

写真では「0」の数字を写すことができなかったのですが、数値は「0」でした。
遮光率99.99%の紫外線カット率は100%でした。

つまり、当社で作った遮光率99.99%の日傘は、遮光率100%日傘でした。
日本洋傘振興協議会(JUPA)の規定に遮光率99.99%という表記がしかなかっただけで、実際は、遮光率100%だったということです。

まぁ、日傘を開発するにあたって、遮光率を高めるために無茶苦茶苦労しましたからね。

このように、遮光率99.99%と表記されていながら、実際は、遮光率100%の日傘はほかにもあると思います。
ただ、日本洋傘振興協議会(JUPA)の規定に従って、わざわざ言わないだけでしょう。

『完全遮光』『遮光率100%』などと大げさに宣伝していますが、実際は、まじめに優れた日傘を作れば出せる効果だということです。

『完全遮光』『遮光率100%』の日傘が紫外線を完全に100%カットできない理由

『完全遮光』『遮光率100%』という名称からあなたが受け取る心象はどのようなものでしょうか?

『完全遮光』『遮光率100%』という名称からあなたが受け取る心象はどのようなものでしょうか?

『完全遮光』『遮光率100%』という名称からあなたが受け取る心象はどのようなものでしょうか?

私は、日傘の開発に携わり、知識が増えていく中で、日本洋傘振興協議会(JUPA)があえて99.99%という、ある意味中途半端にも思える数字を基準としたことは、「非常に良心的だ」と感じました。

あなたも考えてみてください。
遮光率100%と、遮光率99.99%という言葉から受けるイメージの違いを。

  • 「100%」と言われると、完全に紫外線をカットできていると感じませんか?
  • これで紫外線対策は完璧だというイメージを受けませんか?
  • もう、ほかに紫外線対策をする必要がないような気がしませんか?

私は、遮光率100%の完全遮光日傘のサイトで商品特性を読んで、「この日傘を使えば、紫外線を100%完全に防ぐことができる」という印象を受けました

もしかしたら私だけかもしれませんが『完全』『100%』という言葉は、危機に対する警戒を弱めて、無条件に安全だと思考停止を促すように感じます。

でも、実際は違います。

日傘の生地が完全遮光・遮光率100%であっても、日傘の作り方、日傘の使い方、時間帯による太陽の位置、紫外線の角度によって、いくら優れた日傘を使用していても紫外線を浴びる可能性は常にあります。

そもそも、ある程度の都市部なら、建物や地面からの照り返しによる紫外線を少なからず浴びてしまいます。
つまり、遮光率100%の完全遮光日傘を使ったところで、頭上から降り注ぐ一部の紫外線しか防ぐことができないのです。

つまり、完全遮光の日傘でも、私たちが浴びる紫外線を100%カットすることはできません。

『完全遮光』『遮光率100%』の日傘があなたから美白を奪う2つの理由

完全遮光・遮光率100%の日傘の宣伝を根拠なく信じてしまった人は、知らない間に美白が奪われていきます。

日傘の性能が完全遮光ではなく、単に完全遮光の生地を使っただけの日傘の場合

日傘の性能が完全遮光なら、頭上から降り注ぐ紫外線は100%カットできます。

でも、単に完全遮光の生地を使用した日傘の場合、紫外線を完全に防ぐとは限りません。
縫製のやり方やデザインによっては、完全遮光の生地を使っても、紫外線が日傘を通過する可能性があります。

例えば、日傘の形状を珍しい形にしようとすると、縫製する箇所が増える場合があります。
縫製の箇所が増えると、縫製部分いどうしても穴が開くために紫外線カット効果が落ちます。
また、日傘の寿命も短くなります。

刺しゅうの施された日傘も同様です。
刺しゅうの部分に穴が開くので、紫外線カット効果が落ちます。

だから、完全遮光日傘を購入する際は、日傘の性能が完全遮光のものを使いましょう。

完全遮光日傘は、完全に紫外線がカットできないことを肝に銘じましょう

どんな優れた日傘でも、それだけで完全に紫外線を防ぐことができないことを肝に銘じてください。

どんな優れた日傘でも、それだけで完全に紫外線を防ぐことができないことを肝に銘じてください。日焼け止めなどあわせて紫外線対策しましょう。

完全遮光日傘を、完全に紫外線をカットできる日傘だと認識することは、あなたの美白を奪うことにつながります。
100%紫外線をカットすると信じることが、紫外線に対する危機感がかなり低下させます。

完全遮光日傘によって、完全に紫外線から守られていると誤解して、太陽光による地面や建物からの照り返しや空気中で生じる反射光に無防備な状態になります。

そうなると、肌に紫外線が当たる可能性が高まります。
特に、傘の形状の特性上、照り返し光は顔に集中します。

照り返し光は、太陽光に比べて、刺激が低いですが、顔に集中することで肌へのダメージが蓄積されていきます。
その結果、あなたの美白はどんどん奪われていくことになります。

どんな優れた日傘でも、それだけで完全に紫外線を防ぐことができないことを肝に銘じてください。

そして、照り返し光を防ぐためには、日傘の内側の色が黒いものを使ってください。

『完全遮光』『遮光率100%』が誇大広告されていない日傘を使いましょう

今回の記事を書くために行った実験で、自社で開発した日傘が遮光率100%であると判明しました。(単純にうれしいです)
だからというわけではありませんが、しっかりとした根拠を公表して『遮光率100%日傘』と宣伝するのはいいと思います。

さらに、、、
・遮光率100%と99.99%の日傘の紫外線カット効果は、それほど差がない
・遮光率100%の日傘であっても完全に紫外線を防げるわけではない

この2点を明記しておけば、完全に誤解を払しょくできることができます。

そして、日傘を購入する際には、『完全遮光』だけが宣伝されているものは避けましょう。
やっぱり、こう言われると、完全遮光日傘だけで、紫外線対策は万全だと誤解する人が現れます。

せめて、『完全遮光』と宣伝するなら、同じ文字の大きさで分かりやすく「完全遮光は、日傘で紫外線を完全に遮れることではありません」と注釈をつけてほしいところです。
そうすれば、日傘を使う人が誤解することなく、完全遮光日傘で美白を守ることができます。

完全遮光について、適切に宣伝されている日傘を使いましょう。

完全遮光日傘の美白を守る正しい使い方

完全遮光日傘で紫外線を100%守ることはできません。
でも、完全遮光日傘を正しく使うことで効果的に美白を守ることができます。

日傘の生地ではなく、日傘の性能が完全遮光のものを使いましょう

日傘の生地が完全遮光だからと言って、その日傘の性能が完全遮光とは限りません。
珍しい形状や刺しゅうなどによって、日傘の紫外線カット性能が低くなっている場合があります。

そのような日傘を使用した場合、知らないうちに肌に紫外線のダメージが蓄積しています。
その結果、あなたの美白が奪われます。

日傘の性能が完全遮光のものを使って、あなたの美白をしっかりと守りましょう。

紫外線の乱反射を防ぐために、日傘の内側は黒色のものを使いましょう

紫外線の乱反射を防ぐために、日傘の内側は黒色のものを使いましょう

紫外線の乱反射を防ぐために、日傘の内側は黒色のものを使いましょう

完全遮光日傘でも、日傘の内側で起こる紫外線の乱反射を防ぐことはできません。
日傘の内側が明るい色の場合、紫外線の乱反射が起きやすくなります。

また、日傘の形状の特性上、乱反射した紫外線は顔に集中します。
乱反射した紫外線は、太陽光に比べて刺激は少ないですが、顔に集中することで肌にダメージを与えます。

肌に紫外線のダメージが蓄積されることであなたの美白が奪われます。
乱反射した紫外線を吸収する内側が黒色の日傘で、あなたの美白を守りましょう。

完全遮光日傘は、顔から30㎝を目安に使いましょう

完全遮光日傘は、顔から30㎝を目安に使いましょう

完全遮光日傘は、顔から30㎝を目安に使いましょう

日傘と顔の距離は、30㎝程度が最適です。
日傘を使う際、顔に近い方が、建物の壁などの反射光、空気中で起きる散乱光が防ぎやすくなります。

と言っても、顔に近すぎると視界を遮って危険です。
また、日傘は傘先に向かって、傾斜が付いています。

そのため、顔から30㎝程度離れていても、反射光や散乱光を防ぐことができます。
日傘を使う際は、顔から30㎝を意識してみてください。

完全遮光日傘の使用時は、顔から30㎝を目安に壁からの反射光や散乱光から美白を守りましょう。

折りたたみ日傘の場合は、遮光シートの貼られた完全遮光日傘を使いましょう

完全遮光日傘の完全遮光効果を発揮させるには、2種類の方法があります。

ひとつは、日傘の生地に遮光スプレーを塗布する方法です。
日傘の裏側にスプレーします。

メリットは、安価で加工できることと軽量化できることです。
デメリットは、使用しているうちにはがれてしまうことです。

そのため、構造が複雑になる折りたたみ日傘には不向きと言えます。
逆に、単純な構造の長傘には向いています。

もうひとつは、日傘の生地に遮光シートを貼ることです。
日傘の生地に内側に遮光性能のあるシートを貼ります。

メリットは、生地が破れるまで、完全遮光性能が発揮されます。
デメリットは、コストがかかって、少し重くなることです。

ただ、重さに関しては、生地を薄くすることで解決できます。
こちらは、耐久性に優れているので、折りたたみ日傘に向いています。

一方、長傘に使うのは、少しもったいないかもしれません。

折りたたみ日傘の場合は、遮光シート。
長傘の日傘の場合は、遮光スプレー。

このように、日傘の構造に合った遮光効果をかしこく使って、あなたの美白を守りましょう。

【まとめ】完全遮光日傘で美白を守る正しい使い方【遮光率100%と一級遮光日傘の違いとは】

・日傘の生地ではなく、日傘の機能が完全遮光のものを使う

・完全遮光日傘とは言え、紫外線を100%防ぐことができないことを肝に銘じる

・完全遮光の根拠がしっかり説明されている日傘を使う

・完全遮光の宣伝が誇大広告でない日傘を使う

・乱反射した紫外線が顔に集中するのを防ぐために、日傘の内側が黒色のものを使う

・日傘と顔の距離は30㎝を目安に使って、反射光や散乱光を防ぐ

・折りたたみ日傘なら、遮光シートを貼った完全遮光日傘を使う

・長傘の日傘なら、遮光スプレーを塗布した完全遮光日傘を使う

以上を参考にして、あなたの美白をしっかりと守ってください!

もし、あなたが美白が手に入る完全遮光の折りたたみ日傘について詳しく知りたいなら、ぜひ、下記の記事を参考にしてください。

完全遮光(遮光率・UVカット率100%)晴雨兼用、遮熱の折りたたみ「美白日傘」
あなたを紫外線から守るおすすめ「美白日傘」のご紹介です。完全遮光(遮光率)、UVカット率100%、晴雨兼用、遮熱、軽量、コンパクト、照り返し対策、かんたん収納が全部まとめて1つになった折りたたみ日傘です。
タイトルとURLをコピーしました