earthcare-net

日傘

日傘の「完全遮光」をかしこく選んで、紫外線から肌を守る方法

「完全遮光日傘を使えば、紫外線を完全にカットできる」と思っておられませんか?実は「完全遮光」にはいろいろな種類があり、また使い方によっては効果を発揮しないことも。この記事で完全遮光を正しく理解して、あなたの美白を守ってください。
日傘

日傘男子が「キモイ」と言われても日傘を使うメリットとは

ツイートなどSNSで日傘男子はキモイと言われていますが、本当なのでしょうか?キモイと言われながらも日傘を使う日傘男子のメリットを調べました。すると、日傘男子はキモイどころか「できる男」であることが判明しまいた。
日傘

「完全遮光日傘」は体に優しい環境を整え、体臭を抑制する

完全遮光日傘は、紫外線を100%カットする効果がありますが、それ以外にも体に優しい環境を整え、体臭を抑制します。完全遮光日傘をうまく使って快適な環境を手に入れましょう。
日傘

「完全遮光日傘の遮光率100%」と「一級遮光日傘の遮光率99.99%」を徹底検証

「一級遮光日傘の遮光率99.99%」より、「完全遮光の遮光率100%」の日傘のほうが格段に紫外線カット効果があるといわれていますが、本当でしょうか?「完全遮光日傘」と「一級遮光日傘」の紫外線カット効果を徹底検証しました。
日傘

「黒い日傘は暑くなる」を熱したフライパンで検証したら、逆に遮熱効果がありました

紫外線対策に優れたUVカット効果の高い日傘の売れ色トップは黒色です。どんなファッションにも合って、収納性の高い折りたたみ日傘は大人気です。でも、「黒い日傘を使うと暑くなる」と言われていますが、本当なのでしょうか?フライパンで徹底検証しました。
日傘

日傘の内側の色は、黒色がおすすめ!地面からの照り返し光に効果的

UVカット効果や遮光率は、日傘の生地の色によって変わります。白色やシルバーは、反射日傘には紫外線を反射します。黒色は、紫外線を吸収します。どちらもUVカット効果が高くて人気です。日傘の内側は、乱反射を生じるので吸収する黒色がおすすめです。
日傘

雨の日に安心して使える晴雨兼用日傘の条件とは

日傘の一番の目的は、完全遮光とUVカット効果です。さらに、雨の日に使えると便利ですよね。だから、晴雨兼用日傘がおすすめです。でも、晴雨兼用日傘だからといって、雨の日に安心して使えるとは限りません。雨の日には、耐水度の高い日傘を使いましょう。
日傘

『日傘おすすめランキングサイト』で、日傘を買ってはいけない理由

日傘をインターネットで購入する女性の場合、人気ランキングを参考にされている方が多いと思います。日傘の価値は、UVカット効果、完全遮光、晴雨兼用などで決まります。ランキング上位の日傘にこのような機能が備わっているわけではありません。注意しましょう。
日傘

日傘を使う時間帯と方角で変わる日傘の使い方

日傘は太陽の向きに合わせてさす角度が異なります。つまり、使う時間帯や方角によって、紫外線カット黄河が変わります。そのため非力な女性にとっては、日傘の重さは重要な要素。手首に負担がかかりにくい、軽い日傘であなたの美白を守りましょう。
日傘

日傘の寿命を延ばして、紫外線から肌を守る効果を長持ちさせる方法

日傘の寿命は1~2年と言われています。でも、日傘に使われている生地のUVカット加工によって寿命は異なります。長く使える長寿命の日傘で、しっかりと紫外線対策を行ってください。ここでは、日焼けを防ぐ日傘の寿命を延ばす方法と情報をお届けします。